2013年3月30日土曜日

狭山池の桜のライトアップを撮影してみた!



3月29日から4月6日まで開催されている、狭山池の桜のライトアップを撮影してきました。

今年は桜の開花が早いようで、狭山池周辺に植えられている約1400本の桜はほぼ満開でした。

車で向かいましたが無料の駐車場があり、ライトアップ期間中は21:00まで開いているので、ありがたいですね。

ライトアップが始まるまで狭山池を一周する遊歩道を、まずは折りたたみ自転車でグルっとまわってみました。

カメラ機材はD800と24-70mmと28-300mmレンズ、三脚です。

結局は28-300mmのレンズですべて撮影しました。


2013年3月27日水曜日

Sacriphotography0009



近所の川沿いの桜も満開に近づいてきました。



Sony Cyber-shot HX30V使用
DSC01130
1/125ƒ/5ISO 10033.6 mm



大阪の明日の天気は少し雨が降るようなので、花が散ってしまわないといいのですが。

うまく満開になればD800を持ちだして撮影してみようと思います。

人のいない夜に訪れて、夜桜を撮ってみるのもいいかもしれませんね。

2013年3月23日土曜日

大丸心斎橋店北館の屋上庭園に行ってきた!



先日、クラシック&中古カメラ掘り出し市のイベント会場である、大丸心斎橋店北館に行った時に、イベント会場の14階から屋上庭園に出るドアがあったので、ちょっと行ってみました。



入り口の自動ドアを開けると、階段が植物で彩られている。
大丸心斎橋店北館 屋上庭園 #12


2013年3月22日金曜日

クラシック&中古カメラ掘り出し市に行ってきた!



クラシック&中古カメラ掘り出し市に行ってきました。


最新のデジタル一眼レフカメラは写りも素晴らしいし、なにより何枚シャッターを切ってもお財布が痛くないという初心者にはありがたい環境です。

私もNikonのD800というデジタル一眼レフカメラを持っていてその恩恵に預かっている訳ですが、最近フイルムカメラが気になってしかたがありません。

写真を撮ることも好きですが、カメラ特有のメカニカルな感じが好きなんです。

昔のフイルムカメラはデザインや工業製品としての質感などが、非常に魅力的です。

もちろんフイルムで撮るというのは、独特の作業のような儀式が必要でそれ自体魅力なんですが、とりあえず今回はメカニカルな工業製品を見に行くというコンセプトでクラシックなフイルムカメラを眺めて来ました。



会場は大丸心斎橋店の14階、入場料は無料です。
クラッシク&中古カメラ掘り出し市 #01


2013年3月18日月曜日

所有カメラ関連機材紹介


kiyoshi mikoshiba が所有しているカメラ関連機材の一部を紹介しています。

メインカメラ Nikon D800

約3600万画素のフルサイズセンサー搭載の一眼レフカメラ。連射以外はどんなシーンにもオールマイティーに使える頼れるメインカメラ。 

メーカーサイト D800
新品価格
¥239,000から
(2014/2/20 21:55時点)


レンズ For Nikon D800


Nikon 

AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
手ぶれ補正付きの広角レンズ。風景撮影の時にはほとんどこれを使ってます。

新品価格
¥120,000から
(2014/2/20 21:57時点)



AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
望遠レンズとして使う事が多いです。幅広い焦点距離をカバーしているので、持って行くレンズの選択に迷った時は必ずこのレンズをカメラバックに入れて撮影に出かけます。便利ズームですね。

新品価格
¥88,023から
(2014/2/20 21:58時点)



TAMRON
SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)
F2.8通しの大口径標準ズームレンズ。持ち出す事の多いレンズ。純正と比較して手振れ補正が付いている事が購入したポイントですが、その選択は間違って無かったです。純正に比べるとAFが少し迷う時があります。

新品価格
¥97,800から
(2014/2/20 21:58時点)



Carl Zeiss

Planar T* 1.4/50 ZF.2
大口径マニュアルフォーカスレンズ。絞り開放ではにじむような描写が美しい。マニュアルフォーカス専用なので、フォーカスリングを回す行為がカメラとの距離を近づけてくれる感じがします。長く付き合いたいレンズです。

新品価格
¥59,700から
(2014/2/20 22:00時点)



Makro-planar T* 2/50 ZF.2
標準域のハーフマクロレンズ。Planar f1.4に比べると開放からシャープな描写です。
ZF.2はカニ爪が付いていませんので、スタイルもクールです。

新品価格
¥106,600から
(2014/2/20 22:05時点)




サブカメラ Nikon D7000 売却済み

最初に買ったデジタル一眼レフカメラD3100を下取りに出して買った、約1600万画素APS-Cセンサー搭載の中級一眼レフカメラ。新型機のD7100が出て古さを少し感じるが、フルサイズ機とフルサイズ機用の重たいレンズを持ち運ぶのに向いていない場面では、その軽量さを生かして積極的に使っているサブカメラ。

メーカーサイト D7000
新品価格
¥71,760から
(2014/2/20 22:08時点)




レンズ For Nikon D7000


Nikon

AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR 売却済み
広角域もカバーできる標準ズームレンズ。沖縄旅行の時にはこれ一本でほとんどの撮影をこなしました。飛行機旅行など荷物を減らしたい時に頼りになります。写りもそこそこです。

新品価格
¥61,000から
(2014/2/20 22:09時点)



AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 売却済み
フルサイズ機換算約53mmの標準単焦点レンズ。安価なレンズですがポートレイト用にも使えますし、よく写ります。コストパフォーマンスはすごく高い。

新品価格
¥22,701から
(2014/2/20 22:11時点)



Tokina

AT-X 107 DX Fisheye
非常に珍しい魚眼ズームレンズ。被写体が大きく歪むので、いつもの日常を非日常に出来る、撮っていて楽しいレンズ。たまに自分が歪みに固執してしまい、失敗写真を連発する事もあります。

新品価格
¥46,340から
(2014/2/20 22:13時点)





フィルムカメラ Nikon F3HP

硬派なフィルムカメラ。ファインダーもクリアで見やすく、マニュアルでピントを合わせて撮影するのが楽しいカメラ。ただ絞り優先オート撮影が出来る為、構図を決めてシャッタボタンを押せば、カメラが露出を測ってシャッターを切ってくれるので、撮影に集中出来ます。もちろんフィルムカメラなので、撮った直後に確認をすることが出来ないので、現像の時にワクワクする楽しさがあります。

Nikon F3HP



スピードライト SB-700

人物撮影や静物撮影で使用する外付けストロボです。シンプルで使いやすいです。

メーカーサイト SB-700

新品価格
¥28,600から
(2014/2/20 22:14時点)



サブカメラ SONY NEX-6

約1610万画素APS-Cセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ。約240万画素の電子式ビューファインダーを備えており、ファインダーを覗いて撮影することも楽しいカメラ。一眼レフカメラよりも軽量、コンパクトで、外に持って行く機会が多いです。すでにα6000という新型が出ていますが、新型よりも電子式ビューファインダーの性能が良い為、まだまだ戦えると思います。

メーカーサイト NEX-6

新品価格
¥66,800から
(2014/2/20 22:21時点)




レンズ For SONY NEX-6

SONY

E16-50mm F3.5-5.6 OSS
標準域をカバーする電動ズームレンズ。写りは普通。広角端では歪曲が激しいですが、このレンズの売りは軽量コンパクトなので、歪曲には目をつぶりましょう。一定速度でズーミング出来るので動画では威力を発揮します。

新品価格
¥26,800から
(2014/2/20 22:25時点)

E 55-210mm F4.5-6.3 OSS
望遠ズームレンズ。動物園などで距離が有る時に使えるレンズです。


新品価格
¥23,470から
(2014/2/20 22:29時点)


E 35mm F1.8 OSS
NEXシリーズ待望の大口径標準レンズ。手ぶれ補正付きなのがポイントです。絞り開放でほんの少しにじむような描写が美しいレンズです。

新品価格
¥38,530から
(2014/2/20 22:32時点)


コンパクトデジカメ Panasonic LUMIX DMC-TZ60

約1800万画素1/2.3型センサー搭載のコンパクトデジカメです。
日常的に外に持って出る為に購入しました。フルサイズ機換算で24-720mmの焦点距離をカバーしているので、これさえ持っていればいろんな物が撮れるという便利ズームデジカメですね。動画撮影もこなしますので、あらゆるシーンで使えます。

メーカーサイト Panasonic DMC-TZ60



デジタルビデオカメラ  Canon iVIS HF M43

EVF搭載のデジタルビデオカメラ。デジタル一眼レフカメラに大口径レンズをつけて撮影した動画は背景のボケが美しいですが、それと比べると画面すべてがシャープに写ります。イベント撮影などの記録にはもってこいです。(生産終了品)

デジタルビデオカメラ  SONY HDR-PJ790V

EVF搭載のデジタルビデオカメラ。空間光学式手ぶれ補正という強力な手ぶれ補正を搭載したモデル。歩きながら撮影しても手ぶれが少なく、いろんな場面で使えます。

新品価格
¥102,985から
(2014/2/20 22:54時点)

三脚&雲台

Velbon
ULTRA LUXI L (生産終了品) with 自由雲台QHD-53
一番最初に購入した、推奨積載重量2kgまでの小型軽量三脚。現在はNEX-5Dで動画撮影する時などに使っています。自由雲台は小型ながら推奨積載重量4kgまでのモデルをつけています。

Sherpa 635(生産終了品) with 自由雲台QHD-63
2番めに購入した、推奨積載重量3kgまでの中型アルミ三脚。脚段数が3段で展開が早く、一時期もっとも使用頻度の高かった三脚です。たたんだ長さが680mmもあってスクーターのメットインに入らないのがネックです。自由雲台は小型ながら推奨積載重量5kgまでのモデルをつけています。

El Carmagne 545L(生産終了品) with 自由雲台QHD-65
スクーターのメットインにも入るように長さを計算して購入した、推奨積載重量3kgまでの中型カーボン三脚。現在もっとも使用頻度の高い三脚です。カーボンモデルらしく軽量で持ち運びも楽ですが、D800に付けるにはちょっとだけ役不足のようで、縦構図にすると不安定さを感じることもあります。自由雲台は中型で推奨積載重量5kgまでの水平パン機構がついたモデルをつけています。

Neo Carmagne 840(生産終了品) with 3way雲台PH-275
どんな撮影状況にも適応出来るように購入した、推奨積載重量9kgまでの超大型三脚です。
2mまで伸ばすことが可能で(雲台を入れると2mを超えます)ハイアングルからの撮影も可能です。
自重が3.1kgもあって持ち運びに苦労しますが、脚を展開してもドッシリとしており、ブレの心配も皆無です。車で移動して、撮影場所まで歩く距離が少ない場合などに使っています。この三脚だけ3way雲台をつけて使用しています。マグネシウム製の推奨積載重量8kgまでの大型雲台で自重1.1kgです。三脚と雲台の重量を合わせると4.2kgです。これは筋トレやでしかし・・・



一脚&自由雲台

SLIK

カーボンポッド 284 SC with 自由雲台SBH-280 BK N
Velbon好きですが、一脚は自分にベストの商品が無くてSLIKを購入しました。
中型のカーボンタイプで軽量で持ち運びも楽です。自由雲台も一脚と合わせてSLIKを選択しました。手ぶれ補正の無いレンズを使う時は一脚があるとブレを抑える事が出来ます。また撮影で疲れた時には杖代わりに使う事も出来ます。あると便利です。



カメラバック

GOLLA

キャムバックL (生産終了品)
もっとも使用頻度の高いショルダータイプのカメラバック。D800にバッテリーパックをつけた状態で収納可能。その他にもフルサイズ機用レンズ3本、スピードライト、レリーズケーブル等の撮影小物やB5サイズのノートPCまで収納可能。2013年モデルからカタログ落ちしたのが残念です。

f.64

SCM2
三脚もくくりつけておける中型カメラバック。バッテリーパックをつけてD800とフルサイズ機用のレンズ4本、スピードライト、レリーズケーブル等の撮影小物を収納可能。サイドに付いているポケット型の収納を使えば、さらにハンディーカムやレンズをつけたNEX-6を収納可能。
新品価格
¥11,453から
(2014/2/20 22:55時点)


Lowepro

フリップサイド300
背中側からアクセスする非常に珍しいリュックタイプのカメラバッグ。背中側にチャックがあるため、盗難防止にも役立ちます。また腰にベルトを巻いて使える為、ホールドも安定しています。
レンズ2,3本を入れて撮影に行く時にちょうど良い感じです。

新品価格
¥13,800から
(2014/2/20 22:58時点)


バーテックス 100AW
B5サイズのノートPCも入れる事が出来る中型リュックタイプのカメラバッグ。いろんな物を入れる事が出来るので、かなり汎用性は高いです。三脚取付も可能ですが、かなり安定して取り付けれる為、担いでも安定しています。

新品価格
¥18,635から
(2014/2/20 22:57時点)


2013年3月12日火曜日

願昭寺で梅を撮影してみた!



3月8日に大阪府富田林市の願昭寺に行って来ました。

ここは初めて訪れるスポットで、スクーターで行きましたが、駐車場完備なので便利です。

近鉄長野線汐ノ宮駅から1キロほどで、徒歩だと15分程度ですが、途中から坂道が続くので歩きやすい靴で行った方が良いと思います。

拝観料もなく、特にお寺の門をくぐる事もなく、そのままスクーターで境内に入ってしまったので、大丈夫かなって思うぐらいの感じでした。

梅のスポットとして地元では有名のようで、妙齢の女性達が梅を眺めながら雑談をしていました。


撮影機材はニコンD800と24-70mm、28-300mmレンズとソニーNEX-5と35mmレンズと三脚を持って行きました。


2013年3月10日日曜日

名古屋港の夜景を撮影してみた!



NAGOYAオートトレンドに行った際に、金城ふ頭から名古屋港の夜景を撮影しました。

機材はD800と28-300mmのレンズ、ベルボンの三脚です。



コンテナ船 名古屋港夜景 #02
5 secƒ/11ISO 10058 mm


2013年3月9日土曜日

NAGOYAオートトレンド2013に行ってきた!



3月2日にNAGOYAオートトレンド2013に行って来ました。

初めてポートメッセ名古屋に行きましたが、駐車場も広くて良かったです。イベント開催日は駐車場が8時からオープンするのもポイントが高かったです。

前日にしっかり睡眠が取れていなかったので、8時過ぎに駐車場にインして、車の中で4時間ぐらい寝て、昼から会場に突撃しました。

機材はD800とタムロン24-70mm、28-300mm、スピードライトとNEX-5に35mmのレンズをつけて持って行きました。



ミニカーがぎっしり名古屋オートトレンド2013 #01


2013年3月8日金曜日

円形歩道橋を撮影してみた!


愛知県名古屋市天白区の原1丁目交差点にある、円形歩道橋を撮影してみました。


機材はD800とトキナーフィッシュアイ10-17mmと三脚です。



どーん! 円形歩道橋 #11
ISO100 14mm F16 10Sec × 20枚 コンポジット合成


2013年3月7日木曜日

東山スカイタワーで夜景を撮ってみた!



名古屋旅行の時に東山スカイタワーで夜景を撮ってみました。

東山スカイタワーは愛知県名古屋市千種区にある展望タワーで、標高214mの高さから名古屋の夜景を360°パノラマで楽しめる、夜景100選にも認定された夜景スポットです。

名古屋の夜景スポットをインターネットで探してここが良いという情報を元に向かいました。

車で訪れたんですが、スカイタワー前駐車場というのがありまして、こちらが17:00以降は無料になるのでお得ですね。17:00より前に入庫すると普通車は800円かかりますから、夕日や夜景を見たい人は時間を調整して行かれる事をオススメします。タワーの入館料は大人300円です。これは安いもんですね。

4Fと5Fが展望室になっており、エレベーターで5Fにお進みくださいと入り口の係員さんに案内されます。

エレベーターがガラス張りで出来ているので、高所恐怖症の方はあまり外を見ないほうがいいかもしれません。エレベーターの浮遊感と高度感でかなり怖いですから。

5F展望室につくと、結構混んでました。土曜日の17:10ぐらいに行きましたが、夕日目当てのカップルや家族連れがたくさん訪れていました。

その中を縫うように下にカメラを向けて撮影してみました。


2013年3月5日火曜日

博物館明治村に行ってきた!

先日、愛知県犬山市にある博物館明治村に行ってきました。

明治村というのは、明治時代に立てられて残っている文化価値に高い建物を、広大な土地にそのまま移設したテーマパークです。

写真を交えてチラッと紹介などしたいと思います。


2013年3月1日金曜日

E マウント 35mm f1.8 OSS Sony NEX 用 標準レンズをレビューしてみた!



SONY 単焦点レンズ E 35mm F1.8 OSS SEL35F18を購入したのでレビューをお届けします。

私は初期型のNEX5のE 16mm F2.8とE 18-55mm F3.5-5.6 OSSのレンズキットを2011年に購入して持っているのですが、使い始めてからもう少し明るいレンズが欲しいと思って、まずは2012年3月に発売されたE 50mm F1.8 OSSを購入しました。

この構成でも望遠以外は大抵の物が撮れるのですが、E 50mm F1.8 OSSは画角(換算約75mm) が狭くてスナップ写真を撮る時には、自分には扱い辛くて、換算50mmクラスの明るいレンズが出るのを待っていました。

今回レビューするE 35mm F1.8 OSS(換算約50mm)が2012年12月にようやく発売され、価格が下がってきたので今回購入したという訳であります。



内容物 E 35mm F1.8 OSS #02